入学式のシーズンとともに春めいてきましたね。

●2012年4月6日●

 

皆さんこんにちは!

 

4月に入って、少しづつ春の陽気を感じさせてくる日が増えてきました。 こんな、春の訪れとともに、いよいよ入学式のシーズン到来です。

 

大阪市でも、4月3日から4月11日にかけて、市立の各校園の入学(園)式が行われています。

 

入学式といえば、桜がつき物ですが、

今年は長引く寒さのせいもあり、満開の桜のお出迎えとは、いかなかったようですけど、

本日4月6日は「ジェイグラン阿倍野 文の里」の指定校区小学校でもある

「市立常盤小学校」でも入学式がとり行われました。

 

(常盤小学校の桜)

 

昼頃までは、時折小雨がぱらつく微妙な天気でしたが

多くの子供たちが、この特別の日を迎えたようです。

小さな胸に夢と期待を抱きながら、保護者と一緒に校門をくぐる姿を思うと、

とても微笑ましくあります。

 

 

 

ただ、こうした新入学児童の数は年々減少傾向にあるようで、 今年、平成24年度の大阪市の小学校の入学予定者数は

18,192人。

 

過去4年間の小学校入学者数を見てみますと

 

平成20年度 20,442人

平成21年度 19,711人

平成22年度 19,379人

平成23年度 18,712人

となっています。(※大阪市HPより)

 

4年前に比べると2,000人以上も減っているんですね。

 

しかしそんな中でも「常盤小学校」の生徒数は22年度まで、増加傾向にあったようですね。

昨年はほぼ横ばいだったようですが、それでも全体生徒数は、

1,151人。(※大阪市・平成23年度学校現況調査より)

 

実は、この「常盤小学校」は歴史があるだけでなく(もうすぐ開校100年!)

大阪市内トップクラスの生徒数を誇るマンモス校なのです。

 

 

といっても、とりわけこの学校区に子だくさんの家庭が多いわけではありません。

きっと、子育て層の多くが転入してきているからだと思われます。

 

こんなことからも当学校区が子育て層に支持されているエリアだと伺い知ることができます。

 

 

 

さて、今日から新入生たちの新しい生活が始まるわけですが、

皆さまも、新しいマイホームでの新生活スタートを検討してみてはいかがでしょうか。

 

「ジェイグラン阿倍野 文の里」 でも、モデルルームオープンに向けて 着々と準備が進んでいます。

 

近日中にはお知らせできると思いますので、

皆さんどうぞ、お楽しみに!

 

地域情報 │2012年04月06日

Copyright © 2011 JR WEST REAL ESTATE & DEVELOPMENT COMPANY All rights reserved.